スキンケアにはやっぱり保湿

スキンケアといっても、人それぞれ様々な悩みがあると思います。基礎化粧品も把握しきれないほど発売されていて、どれを使ったらいいか迷ってしまうと思います。

基礎化粧品をどんなものを使うはその方それぞれの肌質や予算に合わせて変わるものですが、どんな基礎化粧品を使っていたとしても、どんな肌トラブルに悩まされていたとしても、スキンケアの根本にある一番大切なものは「保湿」です。

よく、コスメカウンターなどで肌診断をしてもらっても、水分量がかなり重視されると思います。それが何より保湿が大切だということです。 どんな基礎化粧品を使っていたとしても、保湿は気をつけるようにしましょう。

具体例をこれから書いていきます。

まずはクレンジングです。クレンジングでメイクをしっかり落とすことはスキンケアにとっての第一歩。とても大切なことです。ですが、中にはメイクと一緒に肌の水分もおとしてしまうクレンジングもあるのです。

ですので、クレンジングを選ぶときは、潤いながら落としていけるものを選びましょう。最近はそのような商品がたくさんでています。

次に洗顔です。洗顔も、潤い成分が入っている洗顔を、泡立てネットなどでもこもこに泡立てて、優しく洗いましょう。その時に、なるべく肌に指が触れないように、泡で洗うことを意識しましょう。洗顔が終わったあとに、わたしが一番おすすめしたいのは、角質除去化粧水を使うことです。クレンジングや洗顔で落としきれなかった汚れや古い角質を落としてくれて、その後の化粧水乳液などの吸収がとてもよくなります。これを使うのと使わないのでは、吸収が本当に違いますので、ぜひ使うことをお勧めします

そして、化粧水と乳液です。こちらも保湿力が高いものを選びましょう。必ずしも高価なものである必要はありません。それよりも、たっぷりと十分につけることの方が大切です。

スキンケアの最後には必ず保湿クリームで蓋をしましょう。これをするだけで、翌日の肌が変わってきます。自分はテカリやすいから保湿は必要ないと思っている方も多いかもしれませんが、肌に水分がたりないと、そのサインとしてテカりやすくなってしまうものです。

ですので、そのような方にも実は保湿は大切なのです。スキンケアのベースにあるのは保湿だと思いますので、ぜひ実践してみてください。

このページの先頭へ