簡単!糖質制限ダイエット

グラノーラ画像

ご飯やパンを食べない、いわゆる炭水化物抜きダイエットに挫折した方もいるのではないでしょうか。炭水化物抜きダイエットは、体にエネルギーが行き届かず、健康に悪いという意見もあります。

しかし、糖質制限は完全に糖質を抜くわけではなく、糖質が比較的少ない食品を食べるので、炭水化物抜きダイエットより健康的かつ簡単に痩せることができます。

今回は糖質が少ない食品についてご紹介します。

1.肉

肉は糖質が少ない食品です。牛、豚、鶏どれを食べてもいいとされています。
牛ロースや豚バラなど脂身の多い肉も食べても問題ありません。
ダイエットのイメージとは程遠いように思いますが、糖質という観点からみると積極的に食べたい食品です。しかし、食べ過ぎはやはり厳禁です。必ず野菜も一緒に摂取するようにしましょう。

2.魚

煮魚、焼き魚、お刺身、と様々な魚料理を食べましょう。ただし、煮魚は砂糖を少な目にして使うことで、糖質制限が可能になります。

3.大豆

豆腐、納豆、味噌なども糖質が少ない食品ですので、積極的に摂取しましょう。
豆腐や納豆はそのまま食べられて、家庭の食卓にも簡単に出せる食品となりますので、毎日摂取するには適した食品といえます。

4.海藻類

わかめ、もずく、ひじきなどがあります。こちらは糖質もカロリーも見るからに低そうですね。
ただし、こちらでも味付けには注意が必要です。特に、ひじきの煮物には砂糖が使われますので注意をしましょう。
海藻といっても、とろろこんぶや梅昆布などは糖質も多くなります。生わかめやもずくなど味付けが控えめな食品を摂取することをオススメします。

いかがでしたでしょうか。

4つの食品はどれも糖質が少ない食品ですが、味付けには注意が必要です。
せっかく糖質が低い食品を食べていても、砂糖や醤油などの調味料を多く使ってしまっては、糖質制限が難しくなってしまいます。
なるべく自然の味で食べること、調味料を使いすぎないことで、より良い糖質制限ダイエットが可能です。
みなさんもぜひ糖質制限ダイエットで理想の体型を目指してみませんか。

このページの先頭へ